ポケモンソードシールド50時間プレイ感想

ポケモン関連
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けいでぃです。

 

ついに11月15日にポケモンシリーズの最新作「ソードシールド」が発売されましたね。

発売日が金曜日だったこともあって、土日は全力でポケモンに臨むことができたのではないでしょうか。

私も15日のお昼ごろから開始して、20日の早朝、現時点までswitchを起動させっぱなしの状態となっています。これほど熱中してゲームをしているのは本当に久しぶりの感覚です。

さて、本作でも、すでに発売から五日間が経過して、ストーリーもクリアし、さっそくオンライン対戦を始めている方もぼちぼち増えてきているようです。ツイッターやYouTubeなどにもランクマッチ戦の報告が挙がり始めていますね。

 

さて、私も(一応)ガチ対戦勢だと自負しておりますので、早くランクマッチ戦を始めていきたいところですが、残念ながら育成やアイテム回収等まだまだ準備が整っておりません…。

そこで、この記事ではストーリークリア後から対戦環境を整えるまでのプレイ感想だけを記載させていただきます。

ちなみに、インターネット上では解析等によって種族値等の情報を公開されているサイトも数多くありますが、そういった情報について、まだ私自身はゲーム上で確認しておりません故、このブログでも未確認情報はなるべく記載いたしませんのでご留意ください。

 

ストーリークリアまでの感想

率直な感想としては、面白かったです。発売1週間前ほどから意図的にフラゲ情報などを遮断していたこともあって、非常に新鮮な気持ちで初見プレイを楽しむことができました。

ポケモン新作は発売前から解析されて丸裸にされてしまうのがお約束なので、今回は発売前かなり気をつけて暮らしてました(笑)

もちろん、私の中でも納得いかない仕様や、賛否あるだろう点は多くありましたが、全体を通してみれば、万人が楽しめるゲームソフトとして十分満足できる内容だったと思います。

 

ちなみに、エンディングまではゲーム内時間で大体18時間でした。捕まえた数が140匹ほどで、全フロア細かく探索をしてモブトレーナーとも全て戦っています。

 

良かった点

まずは本作の目玉だったワイルドエリアですね。完全新要素として発売前から話題になりましたが、これが思った以上に良かったです。ストーリー序盤からいきなり広大なエリアを探索することになり、多くのポケモン達と出会うことができます。

中にはこちらのポケモンより断然レベルが高い野生ポケモンも出てきて、殴り合いをしても到底勝てません。私は水タイプのメッソンを使っていましたがイワークに負けたりしました(笑)

 

また、エリア全体も想像以上に広大でした。もうちょっと小さな箱庭かなと思っていましたので、地図を覚えるまではどこに何があって、どんなポケモンが出るのか、最初は全然頭が追い付かなかったです。

 

それと、ゲームバランスもちょうど良いくらいだったと思います。しっかりと野生ポケモンを捕まえ道中トレーナーを倒すことで、先々で苦戦しないパーティーレベルにまとまります。

ポケモンに慣れてない方などであれば、多少レベル上げが必要かな?という難易度でしょうか。私は野生ポケモンは捕獲以外で一切倒さずでもレベルは特に問題なかったです。

 

最後に登場キャラクターがみなかわいくて最高でした!男性キャラ女性キャラ問わずとてもよく出来ていました。マリィちゃんまさかの訛りかわいいぞ~。ローズ委員長もいいキャラしてましたよw

 

つづいて不満点

ゲームシステム面ではありませんが、特定のキャラクターがいつも一緒にいるのがちょっと微妙でした。どこにいても幼馴染のホップとソニアが引っ付いてきてました(笑)

物語上で重要なライバルキャラ等であっても、ビートやマリィくらいの登場頻度でちょうどいいと思いました。特にビート君は要所要所で絡んできてくれてけっこうお気に入りです。

あの二人の粘着具合と、一方でワイルドエリアの開放感とでギャップがすごすぎます。まあこの辺はポケモンのライトユーザー向け制限みたいな作り方がどうしても外せないのかもしれませんね。

 

あと、私の中で最大の不満点が、捕獲できるポケモンにレベルの上限がある点ですね。これはほんとにきつかった…。

正直今までレベル上限なんて気にしたこともなかったので、過去作品でこういったシステムがあるのかどうかすら知りませんでした。バッジ個数でポケモンが指示を聞かなくなるのは知ってましたが。

で、これがどこで問題になるかというと、やっぱりワイルドエリアなんですよ。せっかく強い野生のポケモンと出会って、頑張って弱らせて、さあ捕まえるぞ!って段階になってから

「このポケモンはまだ捕獲できません」

…これは正直萎えました。まだ捕まえられないんだったら最初から出すなよ!って思います。強い敵を配置したいなら、レベルでなくオーラ等で強化とかいくらできたでしょうよ…。

 

総評

いろいろ愚痴も書いてしまいましたが、総じて良作と言えるでしょう。

特にワイルドエリアに関しては、非常に可能性を秘めたポケモンの目玉になれる要素だったと思います。次回作でもあってほしいと素直に思えるくらい魅力的ですね。正直本作の段階では粗削りすぎて未完成も未完成なシステムだと思います。ワイルドエリアには今後かなり期待してますし、期待しかないです。

ちなみに、この記事ではストーリークリアまでの感想となっておりますが、当然この後のクリア後要素からがポケモン本番と言えますので、次回はクリア後について同じように感想を記載していこうかと思います。

まだ購入を様子見されていた方も、とりあえず買ってみて損はないと思います!ストーリーだけでも十分楽しめますし、ポケモン復帰されるにもちょうどいい作品かもしれません。

 

 

 

ポケモン個別記事の一覧まとめページです。

ポケモン個別記事まとめ

 

 

 

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました