第8世代でもミミッキュが強い理由とは

ポケモン関連
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けいでぃです。

 

ポケモン第8世代の発売から1週間ほど経過し、対戦用ポケモンの育成も終えたトレーナーたちが続々とオンライン対戦を楽しんでいます。

新ポケモンや、今まで注目されなかった様々なポケモンたちが対戦で使用され、発売直後らしい盛り上がりを見せていますね。

そんな中、オンライン対戦をしている方々から決まって聞こえるのが、

 

ミミッキュが弱体化されてない、むしろ強くなってる

 

という悲喜の声です。

…あれ?たしか発売前から、弱体化されることはほぼ確定だろう、流石に第7世代で暴れすぎた、なんて意見が大部分だったような…。

どういうことだってばよ。

 

ここでは、改めて第8世代になってミミッキュがどうなったのか、強いのか弱いのか、少し考察してみましょう。

スポンサーリンク

1.第8世代ミミッキュは強いのか?


強いです。

現状、第8世代では400弱のポケモンが登場していますが、間違いなくトップクラスの実力があります。

実際、オンラインでの対戦相手のほとんどがミミッキュを使用されていると思います。(PGL公式の使用率ランキング等ではなく、あくまで私の体感だけです)

使用率が高い=強い、と言って過言ではありませんから、第8世代でも相変わらず強力なポケモンであることは、客観的な面からも保証されていると考えてます。

 

2.ミミッキュって弱体化されたんじゃないの?


はい、確かにミミッキュは第8世代になって弱体化されました。その内容が、

 

特性「ばけのかわ」発動時に最大HPの8分の1ダメージを受ける!

きあいのタスキ型が実質的に不可能になったぞ!

 

は?それだけ?

 

と、いうことで、ミミッキュの特性「ばけのかわ」に対して調整がされましたが、これは多くのトレーナーが想像していた弱体化とは方向性が違うように感じました。

なぜなら、私の想像では、前例のファイアローやメガガルーラのように「採用理由を考え直すレベル」で弱体化調整がされると予想していたからです。

この2体のポケモンもミミッキュと似ていて、「固有の強特性」によって環境を支配していました。その他にも世代交代時に調整された要素は数多くあり、いずれも明確な弱体化といって差し支えないものがほとんどです。(過去記事:第8世代でのミミッキュ弱体化について予想

 

そんな中、歴代でもトップクラスのチート特性である「ばけのかわ」に対する調整がここまでマイルドなものになるとは思いませんでした。

これが減少するHPが4分の1までなっていれば、また評価が変わっていたでしょう。というか実質身代わりですし、そっちのがバランスも整合するんじゃないかな…。

 

3.でもHPが8分の1減るのに大丈夫なの?


現段階ではそこまで影響はなさそうです。

過去の記事(第8世代でのミミッキュ考察:Z技廃止後編)でも少し触れていますが、ミミッキュ対面で重要になるのは「ミミッキュを上から一撃で倒す」ことです。そして第7世代では主にZ技がその役目を担っていました。

確かに、弱体化によってミミッキュのHP実数値は実質的に20前後少なくなってしまったと言えるでしょう。その影響で、確定1発で倒される範囲も広くなったのは間違いありません。

 

が、そもそも今までも結局確定1発になるよう火力調整がなされていましたし、むしろ今までミミッキュと闘い続けてきたライバルたち(ランドロス、ゲッコウガ、メタグロスその他準伝、等々)が軒並み第8世代で登場しなくなっています。

 

ガラル地方のすばやさ種族値を確認するとわかりますが、ミミッキュよりすばやさが高くて対面有利なポケモンは相当少ないです。(ここではダイマックスは考慮しない前提です)

ちなみに、ミミッキュよりすばやさが劣っているポケモンが圧倒的に不利になるのは相変わらずです。ミミッキュの耐久が下がっても、上から2回殴られて倒されてしまってはどうしようもないですから。

 

4.Z技なくなったし、ミミッキュの縛り性能も下がったでしょ?


私も発売前はそう思っていました。ミミッキュの対面性能の要になっていたのはZ技による高火力なので、それさえなければ対処しやすいだろうと…。

 

Z技さえなければ、そもそもミミッキュの攻撃を2発耐えるよう耐久調整することは十分可能です。そのくらいの耐久力は、弱点さえ突かれなければ多くのポケモンで対応できます。

 

そこで発売後に判明したのが、ダイマックスによるHP2倍、メイン技強化という現実でした。

 

5.ダイマックスとミミッキュの相性は抜群


第8世代の目玉要素となっている「ダイマックス」と「ミミッキュ」の相性はかなり良いです。

ミミッキュをダイマックスさせることで、

 

  • ゴーストタイプ特有の低いHP実数値を底上げできる

 

  • 火力不足のメインウエポンを大幅に強化できる

 

まずこの2点が単純に強化です。どちらもミミッキュにとって悩ましい弱点でしたから、その両方を一挙に解決できるダイマックスは大きな強化点でしょう。

Z技には及ばないまでも、ダイマックスのフェアリー技とゴースト技もかなり威力は高いです。連続で疑似ゴーストZを打たれてるようなものですから、耐久調整なんてしようがないんですが…。

 

またミミッキュは相手のダイマックスに対応できるのも優秀なところです。ダイマックスは3ターンの制限がありますから「ばけのかわ」で確実に1ターン稼ぐことができますし、豊富な補助技を絡めてしまえば、相手のダイマックスを封殺することもできてしまいます。

 

そして私が地味に評価している点が、「ばけのかわ」によってHPを8分の1しか減らさずに、「つるぎのまい」からダイマックスができる点です。

ダイマックスすると積み技が使えませんので、必ずダイマックス前に1ターンを積み技に使う必要があります。通常、そのターンに殴られてしまうと、ダイマックスによるHP2倍の恩恵が相当少なくなってしまうのです。

 

が、ミミッキュは「ばけのかわ」により8分の1ダメージだけで抑えられますので、ダイマックスによる耐久値底上げが必ず成功すると言っていいでしょう。

これは積み技だけでなく、ミミッキュ後出しからのダイマックスでも同様に使うことができます。このシナジーは「ばけのかわ」の性質ならではですね。

 

6.またミミッキュゲーになるの?


まだわかりませんが、第7世代ほどのミミッキュゲーにはならない気もしています。

環境トップクラスは間違いないですが、ミミッキュ1強の結論ゲーにまでは行かないのではないでしょうか。

やはりメガ進化と違い、だれでもダイマックスできる点で可能性が段違いですし、ミミッキュ以上にダイマックスと相性が良さそうなポケモンも見受けられます。(飛行ダイマックス技で「ばけのかわ」を剥がしつつ素早さを逆転し、鋼ダイマックス技で防御を上げながら倒すなど)

 

とりあえず育成して損はしなさそうですが、ミミッキュを使用しないのは舐めプとかそういう段階ではないと思います。好きなポケモンを使ってミミッキュを倒しましょう!

 

7.おわりに


待ちに待った第8世代でもミミッキュが強くて安心なのか残念なのかは微妙ですが、性能自体は誰でも使いやすいオススメのポケモンと言えます。

ポケモン対戦を始めるならまずはミミッキュと向き合うところからでしょう。

 

これからは第8世代ポケモンの考察もどんどんやっていきますので、また機会がありましたら見て頂ければ幸いです。

ちなみに、第8世代発売前にもミミッキュ考察をしていましたので、もしよろしければこちらもご参考に。

第8世代でのミミッキュ弱体化について予想(ソード&シールド発売前)

第8世代でのミミッキュ考察(Z技廃止・前編)

第8世代でのミミッキュ考察(Z技廃止・後編)

 

 

 

ポケモン個別記事の一覧まとめページです。

ポケモン個別記事まとめ

 

 

 

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました