大会二日目!ポケモン公式大会『ガラルビギニング』結果と感想

ポケモン関連
スポンサーリンク

こんにちは、けいでぃです。

 

昨日に引き続き、ポケモン公式大会『ガラルビギニング』の二日目結果と振り返りを行っていきます。

 

初日は11勝4敗、レーティング1595で終了していましたので二日目は1600台を目指しています。

使用しているパーティーも昨日と変わらず、

 

・ゲンガー

・カバルドン

・ヒートロトム

・エルフーン

・サザンドラ

・アーマーガア

 

この6体での15戦となっております。

 

スポンサーリンク

二日目の結果報告!


二日目は10勝5敗終了時レートは1671でした。

 

無事に目標達成!

ギリギリ二桁勝利も取ることができました。1600台後半で終了できたのは大きいですね~。

 

対戦相手も1600前後の方が多くなってきて、マイナーPTと当たることは少なかったです。

 

二日目になると、明らかなプレイミスで負けてしまったときのヘコみ方が重たいです。こういうのは対戦数が制限されている大会ならではですね。

 

今回も15戦通じて活躍してくれたのはカバルドンでした。今回はカバルドンをダイマックスさせる手も意識して試合運びを考えており、結果としてダイマックスカバが切り札になってくれた場面もいくつかありました。

 

補助技多めのカバとダイマックスは相性が良くなさそうにも思えますが、最後の詰め局面において、相手に浮いているポケモンがいなければかなり強いですね。

ダイアースで特防を上げられるのにくわえて、一撃必殺技が効かないのでつのドリルドリュウズも安心して対面することができました。

 

こうなるのであれば技構成ももうちょっと考えたかったかなー。ダイマックス時の技が少し弱いのでここは大会が終わったら改良していこうと思います。

 

 

 

次点でサザンドラとアーマーガアがうまく刺さりました。エルフーンはあと一歩のとこで負けが多かったです。

ヒートロトムは安定ですが火力がなさすぎて出しづらくなってきました。仮想敵のリザードンとトゲキッスもそこまで見なかったので選出も少なめ。

 

ゲンガー選出は刺さると勝つ、外すと負けの明暗くっきりなので、後半はなるべく選出を避けたくなってきました。

うまく動ければゲームエンドの性能はあるのですが、いかんせん耐久がなさすぎて一点読み行動を通せるかどうかになりがちです。

 

 

二日目の対戦相手と振り返り


開始レート1595

 

 

・1戦目

負け。初戦なのでとりあえず攻撃的にカバサザンゲンガーを選出。初手でカバと眼鏡ミトムが対面してしまい、サザンに交代。次のターンに交代読み交代でカバを投げるがそのままドロポン打たれて終了。

初戦から負けで幸先の悪いスタートとなる。素直にサザンで殴るべきだったか…。

 

 

・2戦目

勝ち。ドサイドンとギャラが怖いのでアーマーガアを選出。初手はカバとエースバーンが対面した。

いつものあくび展開からサザンで暴れ、ギャラには予定通りアーマーガアが刺さった。

 

 

・3戦目

勝ち。初手でサザンバンギ対面。この時点で相手が選出を間に合ってないんじゃないかと感じ、上3体が自動で選出されたと予想。

予想どおり上3体のバンギドリュドラパ選出となっていたため、カバを丁寧に扱うことで常に有利状況を作りそのまま勝利。

 

 

・4戦目

勝ち。本日の運勝ちゲーム。

相変わらず重いヒヒダルマと対面してしまい、いじっぱりお祈りで攻撃するも当然ようき。初手でオワタと思ったらつららを回避!そのままダルマを倒して勝利。

初日から撃たれまくったつららをついに外してくれて、しかも勝ち負け局面だったのでこれは大きかった!

 

 

・5戦目

負け。こちらの選出はサザンエルフカバ。相手にウオノラゴンとサザンが見えたためエルフーンが重要になると感じる。

予想通り相手はサザンとウオノラを出してきており、有利展開で最後の場面、サザンドラさんが当てれば勝ちの流星群を外してしまう…。

その後、エルフーンが先制やどりぎ身代わりで体力MAXウオノラゴンを追い詰める。が、あと1ターン届かずスカーフ氷のキバで粉砕された。最後のみがわりにはHP2足りなかった。

 

得意のやどみがでエルフーンさん最大の見せ場だったのに…。

 

 

・6戦目

勝ち。相手のPTにもカバが。こちらはサザンヒトムゲンガーの特殊3体で対応。

残りがキュウコン、3体目リザードンだったが、こちらのゲンガーでキュウコンをゴリ押しできたのがポイントだった。ダメージからおそらくD振りの耐久だったと思う。

 

 

・7戦目

負け。相手が受けサイクル寄りの構築だったため脳死でエルフーンを初手に選出してしまう。

しかも身代わり貫通する最悪のニンフィアと対面してしまい、とりあえず誤魔化しの宿り木を打つが眼鏡ハイパーボイスで消滅してしまった。

受けPT対策をいきなり失ってしまう。カバゲンガーでなんとか破壊してみようと荒らすものの最後に残されたダイマックスニンフィアが倒せず敗北。

 

 

・8戦目

勝ち。これは昨日の経験が生きた試合!

初手率100%説もあるダルマがいたのでこちらはヒトムを初手投げ。そして昨日学習したもらい火ウインディ読みボルチェンからゲンガー降臨。こうなればアタッカーゲンガーの高火力押し付けがぶっ刺さる。

ボルチェンダメージからウインディが物理受けであることも分かっていたので問題なく押し切れた。

 

 

・9戦目

勝ち。相手にラプラスが居たため選出はかなり悩んでヒトムサザンゲンガーの特殊3体。

結果、相手はミトム先発だったので少し痛い。やっぱり眼鏡でサザンドラも受け出しがきついレベルだった。

ミトムにダイマされると苦しくなるのでやむを得ずサザンをダイマしてダイアークぶっぱ。これが予想外の交代先ラプラスに刺さって一気に有利展開!

そのままダイアーク連打でラプラスを処理。すると出てきたのはまさかのキョダイマックスリザードン。

…ただ、ダイバーンで晴れにできないのは思った以上に難しそうですね。キョダイゴクエンの追加効果もヒトムには効かずでサンパワーも発動しませんし。

 

 

・10戦目

負け。この対戦は恥ずかしくて思い出したくないレベル。

カバが良く刺さっていたためいつも通り初手で選出。バンギと対面し、これは行けそうだとあくびを打つがバンギに挑発をされてしまう。

 

その後、交代でエルフーンを絡めるがなかなか有利展開が作れない。バンギは常に弱点保険を警戒しなければならないため、選択できる技が相当限られてしまうのは強いですね。

 

結局エルフーンが消耗しすぎるのを嫌うあまり、挑発されたカバでバンギを落としてしまう。これがまずありえないプレイングだった

 

その後、後ろからジャラランガが登場。実は私も以前ジャラランガを使っていたため妄想の技範囲に過剰にビビって誰も受けに出さず。これもダメ。

その後2連続ソウルビートで全能力2段階アップとジャラのHPもギリギリに。ここで何を血迷ったかジャラを倒せると信じ地震を選択してしまう

 

そして結果はジャラの攻撃をカバルドンがHP2を残して耐え、謎地震で反撃するもB2段階上昇でギリギリ倒せず。挑発も切れてるし、ここでちゃんとあくびを選択できていればジャラ倒して後ろ2対1だし勝てた可能性十分あったよ…。

 

実際はジャラが止まらずそのまま敗北。ぐにゃ~。

 

 

・11戦目

勝ち。カバ展開からゲンガで制圧。アロマベールのマホイップに挑発を打ってしまい積みの起点になりかけるも、それならとカバで眠らせて勝利。

 

 

・12戦目

勝ち。オーロンゲが見えて壁展開が予想されたので、とりあえず時間稼ぎのエルフーンを初手選出。狙い通りオーロンゲと対面させることに成功し、先制みがわりで電磁波を防ぐ。

光の壁は張られてしまったが、ムーンフォースでオーロンゲは処理。後続のカビゴンがやる気マックスで出てくるが、ここでようやく刺さったエルフーンの挑発!カビゴンはらだいこができず。

 

あとは宿り木撒いて勝ちかなーと思ったらサザンドラ出されて宿り木無効。しかもこのエルフ、実は耐久に振りすぎて最速サザンを抜けていないためムンフォも選びづらい…。

 

結局私の特性ビビりが発動して後手後手の受けに回ることに。最後は体力を温存していたアーマーガアでなんとかなったが、これも良くない運びだったと思う。

 

 

あ、ちなみにカビゴンはキョダイマックスでしたが、木の実は再生しませんでした…(´・ω・`)

 

 

・13戦目

勝ち。初日の最終戦と同じ初手対面。サザンドラパの600族対決でやはり初日と同じ選択がされ、結果も同様にサザンの勝ちとなった。

久しぶりにミトムがトリックをしてくる。そしてゲンガーがもらったのはやっぱり眼鏡。

最後はダイマックスカバでドリュウズのスカーフつのドリルを完全防御。

 

というか今のドリュつのドリル持ちすぎ!この対戦も結果的に勝ったけどサザンはドリルで穴あいてます。

 

 

・14戦目

負け。ここまでの対戦でヒヒダルマアレルギーになっており、ダルマを倒すことしか考えられない病気のため初手でダイマックス前提の選出をしてしまう。

 

結果、初手ダルマにダイマックスをぶつけてドヤ顔反撃するも後が続かず敗北。ダルマ処理までは完璧に妄想通りだった。

 

 

この時点で9勝5敗!何としても二桁勝利が欲しいところ。

 

 

 

・15戦目(ラスト)

勝ち。初手カバミミ対面。後出しのアーマーガアに挑発があって正直詰んだかと思ったが積み技がなかったらしくなんとかセーフ。

 

最後はエルフが散り際にアーマーガアにやどりぎを撒き、羽休めされないようカバの地震連打でなんとか勝利。鉄壁やビルドがあったら負けてたけど、そこは挑発と技選択かもしれません。

 

 

二日目15戦で10勝5敗

 

合計30戦で21勝9敗、終了時レート1671

 

 

 

以上が二日目の結果と振り返りです。

 

 

 

 

 

感想としては、まずほっとしました

 

ポケモンについてブログで語ってる身として流石に負け越しはと思っていましたので、最低限の結果は出せて安心しました。

 

いちおう私が対戦終了した時点での順位も3桁台でしたので、まあ妥当なところだと思います。これ以上の順位となるとガチポケモン廃人たちも多くいるでしょうし、なかなか難しそうですね。

 

 

また、二日目の主な使用率上位ポケモンは、

 

・ドラパルト… 7/15

・ミミッキュ… 6/15

・ドリュウズ… 5/15

・水ロトム… 5/15

・アーマーガア… 5/15

・バンギラス… 6/15

・サザンドラ… 4/15

 

 

だいぶ対戦相手のメンバーも固まってきてます。その分選出も分かりやすいので、最終日はもう少し積極的に動いてもいいのかもしれません。

 

 

例を挙げるとヒヒダルマの初手先発率は本当に高いです。100%かもしれません。

そしてバンドリュの選出率もかなり高いです。これは私の狙い通りで、ゲンガーヒトムサザンがうまく選出誘導をしてくれてます。そしてバンドリュにはカバルドンが滅法強いので大体勝てます。

 

ミミッキュもいつも出されるかな…。カバを見るのにはミミッキュのダイフェアリーが都合がよいのでそれを狙っての選出でしょう。実際きついです。

 

あとはぼちぼち選出画面を見て、来てほしくないなあって思ったやつは大体きます。そして負けるパターンですから、私のPTは強みと弱みがかなりはっきりしているタイプだと思います。

 

 

おわりに


以上で二日目までの振り返りは終了です。

 

いよいよ8日(日)がガラルビギニング最終日ですから、まだ1戦もされてないかたはとりあえず潜って対戦しましょう!

参加賞の50BPを貰うためにはエントリーだけでなく対戦も必要ですからね。

 

明日の対戦が終わりましたら、結果報告と併せて今回使用したPTの詳細もアップしようと思います。

もしよければ見ていってください。

 

 

 

ガラルビギニング初日の結果と振り返りです。

ポケモン公式大会『ガラルビギニング』の初日結果と感想

 

 

ポケモン個別記事の一覧まとめページです。

ポケモン個別記事まとめ

 

 

 

 

それでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました