6Vメタモンは第8世代の育成環境に必須なのか

ポケモン関連
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けいでぃです。

 

今回は、ポケモン第8世代ソードシールドでの対戦用ポケモン育成に関して、必ずといっていいほど話題に上がります、

 

 

メタモン

 

に関する記事となっております。

 

メタモンは新作が出るたびに話題となる超人気ポケモンです。

理由としては、対戦用ポケモンの育成にあたって、メタモンはどんなポケモンと組み合わせても、相手方のタマゴをつくることができるという特質をもっていること。

そしてもうひとつ、「タマゴから生まれるポケモンの個体値は親の個体値が引き継がれる」というシステム。

この2点を考慮した結果、全ての個体値が最高のメタモン、通称「6vメタモン」によってタマゴ厳選を行うのが最も効率的だと言われてきたわけですね。

ちなみにこの6vメタモンを使用した厳選については相当昔から存在するようです。私が知っている範囲でも第4世代の時点で既に一部トレーナーに取り入れられていました。

(当時はボタンを押すタイミングをフレーム単位で合わせる「乱数調整」によって6vポケモンを生み出すことも可能でしたが。)

 

さて、この6vメタモン、こういった経緯もあって話題には事欠かないわけですが、初心者の方に誤解されている部分も多くあるなと感じています。

実際に対戦用ポケモンの厳選を行ってきた私の主観から、6vメタモンの要否や使い方について少しお話させてください。

 

スポンサーリンク

1.6vメタモンは必須ではない!


まず、私が最もお伝えしたい論点として、

 

6vメタモンは必須ではありません

 

さらに言うなら、4v、5vのメタモンも必須ではないです。3vのメタモンが2~3体いれば十分すぎるほどに育成は可能です。

これは本作に限ったことでなく、過去作からずっと同じです。

 

ちなみに、実際に私が今作で孵化厳選に使用しているメタモンは

 

  • 3vメタモンが2体
  • 3vメタモンで抜けているsがvのメタモン1体
  • 性格遺伝用のメタモン多数(vなし)

 

だけで事足りてます。

 

しかしながら、まるで6vメタモンがなければ育成ができないゲームだと思い込んでいる方も、決して少なくないように見受けられます。

各所で6vメタモンが大々的に取り上げているのを見てしまうと、まずやらなければならないこと、所有していなければ人権がないかのように感じてしまうのも無理はないかもしれません。

 

が、もう一度いいますが、メタモンは3vが2体あれば十分です。

孵化効率は確かに6vが最高ですが、3vでもそんなに変わりません。理想個体1体つくるのに10~30分程度増えるだけです。

 

2.なぜ3vメタモンでも大丈夫なの?


前述のとおり、確かに孵化厳選で最高効率を求めるのであれば6vのメタモンを使います。

しかし、次の2点を考慮して頂くと、メタモンのvの数がそこまで重要ではないことがわかります。

 

  • 「親個体+メタモン」だとタマゴが見つかるペースが遅い
  • マジカル交換等で孵化余りが容易に手に入るので、それらを親個体にできる

 

まず1点目の「タマゴが見つかるペースが遅い」という論点です。

メタモンは確かにどんなポケモンが相手でもタマゴを産むことができます。しかし、その代償としてどんなポケモンとも預けたときの相性がよくないです。

この「預けたときの相性」というのは、タマゴができる確率に影響しています。親同士の相性が良くないと、預け屋さんがなかなかタマゴを見つけてくれません。

ポケモン2体を預けて様子を聞いてみると「二人の仲はそれほどよくない」とか「まずまず仲良い」などコメントを聞くことができます。メタモンが相手だと前者になります。

 

タマゴが見つからなければいくら個体値が良くても意味がありませんから、結局メタモン以外の相性が良い相手と組み合わせたほうが高速で孵化できるというわけです。

 

そして2点目として、孵化親がほかにいれば、そもそもメタモンを使う必要すらないことが挙げられます。

使いたいポケモンの♀高個体値さえもっていれば、♂には相性が良いポケモンを合わせるだけですので、6vメタモンが出る幕はありません。3vメタモンで足りない箇所を補ってあげれば十分です。

この孵化親も、今の時代であればネット上で簡単に交換できたり、隙間時間を使ってマジカル交換をしたりと、そこまで入手難度は高くないでしょう。

 

実際に3vメタモンを使っての孵化手順としては、

 

1.使いたい性格の親個体を用意する(性格一致メタモンにかわらずのいしで産ませる)

 

2.1の親個体にかわらずのいし、3vメタモンにあかいいとで預ける

 

3.2v~3vで必要箇所が相互にずれている♂♀個体ができたらメタモンはお役御免

 

4.生まれた4v個体を孵化親にして、親も理想個体に近づけていく

 

これで大丈夫です。同一タマゴグループで高個体孵化余り♂がいれば、2と3はメタモン不要です。

 

注意点として、♀の個体がいないグループ(ロトムなど)は孵化親になれるのがメタモンだけですから、その場合には6vメタモンと3vメタモンで少し効率差が出てしまいます。(正直ここまでやり込んでいる方にとっては大差ない違いですが)

 

3.で、その3vメタモンってどこで捕まえるの?


安心してください。

マックスレイドではありません。

 

ワイルドエリア「げきりんの湖」で出現する、オーラを纏ったメタモンが3v確定の個体となっています。

出現確立はそこまで高くなさそうですが、感覚としては1時間で1~2体といったところでしょうか。

やり方も、草むらを見てオーラメタモンを探すだけです。他のポケモンとのエンカウントも不要です。ぐるっと2周くらいしてオーラメタモンがいなかったら、一度敵シンボルを切り替えてまた探します。

慣れれば簡単にできますし、これをやるとシンボルエンカウントを避ける技術も身に付きますよ(笑)

 

ちなみに、メタモン以外のポケモンでも、ワイルドエリアでオーラを纏っているのは3v確定のようですから、目についたら捕獲しておくのもいいかもしれませんね。

おわりに


確かに6vメタモンが捕獲できれば大きな成果となりますが、そこに労力を注ぎ込みすぎて、メインである対戦までたどり着けない…なんてことはないようにしたいものです。

 

新作発売直後でモチベーションが皆さん高まっている状態だと思いますので、メタモンレイドに拘りすぎず、まずは3vメタモンでサクッと育成してオンライン対戦を始めましょう!

 

ポケモン個別記事の一覧まとめページです。

ポケモン個別記事まとめ

 

 

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました