第8世代での過去作600族を考察(ボーマンダ・発売前)

ポケモン関連
スポンサーリンク

こんにちは、けいでぃです。

 

この記事では、いよいよ2週間後の来月11月15日に発売されるポケットモンスターシリーズの新作「ソード&シールド」での対戦環境について記載していきます。

 

前回までの記事から引き続き、今回の主役は通称600族と言われている各作品のトップポケモンです。

 

最初の記事に600族のポケモンについて概要も記載してますので、よろしければそちらもご確認頂ければ幸いです。(第8世代での過去作600族を考察(カイリュー・発売前)

 

この記事で紹介するポケモンはこちら

第3世代から登場、りゅうせいぐんを採用したいポケモンランキングNo1、ボーマンダです。

 

このポケモン、とあるポケモン実況者さんが昔ニコニコ動画に上げていた対戦で愛用されていたこともあって、実力もさることながらカルト的人気をも兼ね備えています。

当然常に対戦環境のトップに…というわけでもなく、弱い弱いと叩かれる暗黒期を過ごしていたこともありました。

 

そんなボーマンダの歴史を第4世代から振り返りつつ、第8世代の考察をしていきます。

 

ボーマンダの第7世代までの振り返り

種族値:H95 A135 B80 C110 D80 S100 合計600

タイプ:ドラゴン・ひこう  特性:いかく・じしんかじょう

 

種族値バランスを他の600族と比較してみると防御と特防が低く、その分が攻撃、特攻、素早さに配分されていて、よりアタッカー向きの性能をしています。

防御面も特性「いかく」によって数値以上の物理耐久を確保できていることから、総じて特防以外には隙がない強力な性能と言えるでしょう。

夢特性の「じしんかじょう」は通常ボーマンダの場持ちがあまり良くないことから採用されることはほとんどありません。(PGLデータでは99%超が「いかく」を採用)

 

 


さて、ボーマンダと言えば私は第4世代での暴れっぷりが印象に残っています。

特にドラゴン技の「りゅうせいぐん」を止めるためのはがねタイプが当時圧倒的に不足しており、正直メタグロス以外はボーマンダへの後出しができないような状況になっていました。ハッサムには「だいもんじ」、ヒードランには「じしん」、数値受けをしようにも物理特殊の両方に対応しなければならない…

 

結果、第4世代でボーマンダの「りゅうせいぐん」を受けられるポケモンは非常に限られていて、それらにさえも出てきてからサブウェポンで対応できることから、まさに打ち得の技として環境で猛威を振るっていました。

 

 


しかしながら第5世代になると一変、FCロトムやボルトロスなどの優秀なでんきタイプの台頭によって、ガブリアスやラティオスなど電気受けとしての役割を持つドラゴンタイプが重宝されるようになります。

同タイプのカイリューに大幅な強化がされたこともあって、ボーマンダは対戦環境のトップから完全に降格してしまいました。今では考えられないようなマイナー扱いさえ受けていたこともあります。

 

砂パ、雨パ、マンムーユキノオー、ガブリアス、ボルトロス…こういった環境組に対してあまりにも弱すぎたボーマンダは徐々に使用されることが珍しいほどに落ち込んでしまいます。

(ちなみに同タイプのカイリューであれば、いずれの相手に対しても特性と先制技によって最低限の打点は確保できていました。いわゆる「対面構築」でも採用されており、高水準な対応力だったわけです。)

 

 


世代は変わって第6世代、メガ進化の獲得によりついに環境復帰かと思われましたが、そうはいかず。

第6世代では最強のメガ進化としてメガガルーラが君臨しており、ボーマンダはやはり目立った活躍ができませんでした。

そもそも「メガガルを使わないのは舐めプ」と言われるほどの圧倒的強さであり、実際性能だけで考えればメガガルーラを使わない理由はありません。

メガ候補は次点でメガガルーラに打点が持てるメガゲンガーやメガバシャーモとなり、結局ボーマンダにスポットが当たることはほとんどありませんでした。

存在感を見せれずに終わってしまいます。

 

 


そしていよいよ第7世代、ついにボーマンダが環境トップに返り咲きます。

メガガルーラの弱体化によってパーティー構築に他のメガ進化を採用しやすくなったこと、メガ進化ターンから進化後のすばやさで行動可能となり、すばやさ種族値120を生かしやすくなったことが大きな要因でしょう。

 

特にメガ進化ターンからの素早さ反映は想像以上に大きな追い風となりました。私も最初この仕様変更によってどれほどの影響を及ぼすか未知数でしたが、メガボーマンダ以外にも多くのメガポケモンの採用しやすさに繋がったと思います。

 

種族値:H95 A145 B130 C120 D90 S120 合計700

タイプ:ドラゴン・ひこう  特性:スカイスキン

 

相手の上から動けてさえしまえば、高火力ひこう技で一貫性の高いメガボーマンダは相当強力です。PGLデータのシングル使用率ランキングでもトップ10以内を確保しており、名実ともにドラゴンタイプのトップとなりました。

同じく使用率の高いメガリザードンXもそうですが、やはりこのフェアリー環境で生き抜くためには、ドラゴン技以外の何かで高火力をとる必要があるようですね。

 

 

ボーマンダの第8世代予想

結論から言うと、正直難しそうです

理由も単純で、メガ進化で得た地位はメガ進化の廃止とともに失ってしまうわけです。もちろん、第5世代当時とは仕様もアイテムもポケモン数も変わっており、ただ過去と並べることに意味はありません。

 

が、メガ進化しないボーマンダが他のドラゴンを押し退けてまで活躍できるイメージがどうしても浮かびません…フェアリーに打点もなくなっちゃいますし、いまさら「りゅうせいぐん」と「げきりん」で暴れることもできないでしょうし。

 

となると、新たに強化がほしいところです。カイリューの考察記事でも「できれば威力の高いひこう技が欲しい」と言いましたが、ボーマンダが活躍するためにはそのひこう技が必須になりそうです。さすがに「りゅうせいぐん、じしん、だいもんじ、何か」で運用できるほど甘くはないでしょう…

 

もう一つ、他のライバルとなるドラゴンがどれだけ登場するかも重要です。少なくとも、上述したガブリアス、ラティオス、カイリューの3体が登場するのであればボーマンダの出番はなくなってしまいそうです。

 

ここまで書いてて悲しくなってしまいますが、これがメガ進化のないボーマンダの現実だと思います。しかし間違ってほしくないのは、通常のボーマンダも決して弱くはありません。種族値も特性も優秀なので使いようはいくらでもあります。

ここでの考察は、第8世代の対戦環境で本気で勝つために6体選ぶのであれば、というだけの話です。採用すると負けてしまう呪いの装備とかではありませんから、普通に育成して対戦で使ってくださいw

 

ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、実際発売されてみて発売前と評価が変わった例はいくらでもありますから、ここでの考察も大した意味はないかもしれません。新作発売後しばらくしたら、ボーマンダの対戦考察記事を書く予定ですので、この記事の推測もそこで明らかになるでしょう(笑)

 

次回の記事では同じく第3世代の600族、メタグロスについて考察していきます。

 

 

ポケモン個別記事の一覧まとめページです。

ポケモン個別記事まとめ

 

 

 

それでは!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました