第8世代での過去作600族を考察(バンギラス・発売前)

ポケモン関連
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、けいでぃです。

 

この記事では、いよいよ2週間後の11月15日に発売されるポケットモンスターシリーズの新作「ソード&シールド」での対戦環境について記載していきます。

 

前回の記事から引き続き、今回の主役は通称600族と言われている各作品のトップポケモンです。

前回の記事で600族のポケモンについて概要も記載していますので、よろしければそちらもご確認頂ければ幸いです。(第8世代での過去作600族を考察(カイリュー・発売前)

 

この記事で紹介するポケモンはこちら

公式のお気に入りとも言われている第2世代の600族、バンギラスです。

 

昔のポケモンCMでやたら推されていたのを今でも覚えています(笑)実際私も全ポケモンの中でも相当バンギラスは好きですし、強くてカッコいい怪獣が人気でないわけがないですね。

 

そんなバンギラスの過去と未来を下記にて考察していきます。

 

バンギラスの第7世代までの振り返り

種族値:H100 A134 B110 C95 D100 S61 合計600

タイプ:いわ・あく   特性:すなおこし・きんちょうかん

メガバンギラス

種族値:H100 A164 B150 C95 D120 S71 合計700

タイプ:いわ・あく   特性:すなおこし

 

一目見てわかる強力な種族値バランス、いわ・あくという唯一の複合タイプに加え、いわタイプの特防が1.5倍となる砂嵐状態にできる特性「すなおこし」を持つという、もはや他の下位互換すら現れそうもない、オンリーワンの代表のような性能をしています。

 

タマゴグループが「かいじゅう」ということもあって、「れいとうビーム」や「10まんボルト」などの意外な技も覚えちゃいます。技マシンの多くに対応しているのは強いですね。

 


第4世代ではあく技の「しっぺがえし」が相手の交代でも高威力となっていたため「こだわりハチマキ」のアタッカーも強力でしたが、やはり何といっても天候を砂嵐状態とする強特性「すなおこし」が圧倒的な性能でした。

第5世代までは特性による天候変化が永続のため、天候を変えない限り毎ターンスリップダメージを受けてしまいますし、「すながくれ」ガブリアスとのコンビは多くのトレーナーに絶望を与えてきたことでしょう(笑)

 

 


第5世代になってもバンギラスの躍進は止まりません。

新たなる砂パの相棒としてドリュウズを獲得、ローブシンやフシギバナとの優秀な相性補完、さらにはエアームドやグライオンなど高耐久ポケモンのみで構築される「受けループ」にも採用されるなど、環境のどこにでもバンギラスがいるような時代もありました。

 

バンギラスをどれだけうまく扱えるかがポケモントレーナーとしての実力計になっていたような気さえします。第5世代はカバルドンやニョロトノなど他の天候始動要因も躍進し、天候パーティーの全盛期だったと言えるでしょう。

 

 


第6世代、天候変化の弱体化は受けたものの、当然のようにメガ進化を獲得し単体性能をさらに引き上げることに成功。

新アイテム「とつげきチョッキ」との相性も良く、バンギラスは天候要因から主に特殊アタッカーへの受け要員という立場へと変わっていきました。天候パーティーが大幅に減少したこともあってバンギラスの使用率も減少したとは思いますが、それでもまだまだ環境上位です。

 

しかしながら、新タイプのフェアリーがまさかのあくタイプに優勢となる向かい風を受けてしまいました。

いまさらな話ですが、当時あくタイプで目立っていたのはバンギラスとサザンドラ、レパルダスくらいでしたし、バランス調整として作られたはずのフェアリータイプですから、あくタイプには優劣つけずともよかったのでは…とか思ってみたり。(むしタイプもとばっちりですが)

 

 


そして第7世代、専用Z技をもらえず強化点なしとなってしまいましたが、シングルバトル使用率ではおおむね30位以内にランクインと安定して実績を残しています。

ボルトロスが格闘Zを採用するなど、どこから即死技が飛んでくるかと油断できない環境となっているため、以前よりは繊細な取り扱いが必要ですね。

 

 

バンギラスの第8世代予想

バンギラス自身は単体性能が高いですが、弱点も多く有利不利が明確なポケモンですので、環境に影響されやすいポケモンとも言えます。

再び天候パーティーが蔓延するようなバランス調整はされないと思いますので、受けループ以外ではピン刺しで構築されることになるでしょう。そもそも第8世代で受けループという戦法が通用するかどうかもまだわかりません。

 

しかしながら、第7世代のフェアリー環境でも十分戦えていましたので、新しいかくとうポケモンが対戦環境を牛耳らない限りは第8世代でも大丈夫でしょう。オンライン対戦を始めるにあたって、とりあえず育成して損をしないポケモンの一角だと思います。

 

ちなみに、メガバンギラスが無くなることは一応弱体化ではありますが、他のメガ進化ポケモンよりは軽傷だと思います。メガ進化の中でも珍しく純粋な種族値底上げのみでしたから、他のアイテムや立ち回りでカバーできるでしょう。(といっても実質760族はやはり強力でしたが…)

 

そして、やはり一番に期待したいのはキョダイマックスでしょう。

怪獣が巨大化して闘うのはもはや日本の伝統ですからねw公式のお気に入りとしてなんとかその地位を手に入れてほしいところです。

 

キョダイマックスしてくれれば御の字、そうでなくとも明確な弱体化さえしなければ第8世代でもバンギラスは安定です。

10月末現時点でソード&シールドに登場することも確定していますので、発売前から使いたい型など決めておくのもいいかもしれません。なにしろバンギラスは覚える技も豊富で努力値振りも悩みどころと、型が無限にありますので(笑)

 

次の記事では第3世代の600族2体を解説していきます。そちらも見ていただければ幸いです。

 

 

 

ポケモン個別記事の一覧まとめページです。

ポケモン個別記事まとめ

 

 

 

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました