第8世代での過去作600族を考察(カイリュー・発売前)

ポケモン関連
スポンサーリンク

こんにちは、けいでぃです。

 

この記事では、いよいよ2週間後の11月15日に発売されるポケットモンスターシリーズの新作「ソード&シールド」での対戦環境について記載していきます。

 

今回の主役は、通称600族と言われている各作品のトップポケモンです。

 

第8世代での600族を予想する前に、まずは今までの600族が第8世代でどのように活躍するのかを予想してみましょう。

 

600族とは?

各世代に1~2種類が登場し、その種族値合計が600となるように配分されている強力なポケモンたちのことで、総称して「600族」と呼ばれています。

ミュウやジラーチなど幻ポケモンも種族値合計は600ですが、600族と呼ばれるポケモンはタマゴ孵化により育成ができるため、インターネットのレーティング対戦でも問題なく使用することができ、その強さから対戦環境の中心となっていることもあります。

 

ストーリー上後半に出現し、タマゴ孵化歩数が非常に多く育てるのに必要な経験値も多いことから、強力な反面、育成するのが大変なポケモンでもあります。

 

第7世代の現時点では8体が登場していますが、いずれも高い種族値だけでなく、優秀なタイプや特性をもっています。下記にて過去の活躍を1体ずつ解説していきます。

カイリュー(第1世代)

種族値 H91 A134 B95 C100 D100 S80 合計600

タイプ:ドラゴン・ひこう   特性:せいしんりょく・マルチスケイル

カイリューの第7世代までの振り返り

初代から登場している元祖600族。種族値のバランスが良く、高い火力と耐久を兼ね備えた強力なドラゴンポケモンです。第4世代までは同じドラゴンのライバルとしてボーマンダがいたこともあり、あまり対戦で使われることはありませんでした。

 

が、第5世代となって新たな特性「マルチスケイル」を手にしたことにより評価は急上昇、相手の攻撃を1発耐えての「りゅうのまい」アタッカーや、高負荷を押し付ける「こだわりハチマキ」アタッカーとして他のポケモンとの差別化に成功しました。

また、第5世代から「しんそく」の優先度が他の先制技よりも高くなったことも当時のカイリューにとって大きな強化点でした。

(第4世代までは「しんそく」の優先度が1だったこともあり、「きあいのタスキ」を持つマンムーやマニューラの「こおりのつぶて」に縛られる場面も多々ありましたが、優先度が2になったことで、カイリューは先制技の縛りを受けることがほとんどなくなりました。)

 

初代ポケモンとして意外にもメガ進化も専用Z技も持っていないため、持ち物はある程度自由が効きやすいと言えるでしょう。

第6世代ではフェアリータイプの登場により、第5世代で猛威を振るっていた「鉢巻逆鱗型」が使いづらくなってしまいましたが、第7世代で待望の物理ひこう技として「ヒコウZ」によるZ技を習得したことで、フェアリー環境ともいえる第7世代でも十分な活躍ができています。

 

カイリューの第8世代予想

もともとメガ進化しないためメガストーンの廃止は問題ありませんが、ヒコウZが使えなくなるのは痛いです。どうしても決定打が「げきりん」に頼りがちになるため、弱点を付けないフェアリーで簡単に止められてしまいます。

「こだわりハチマキ」や「いのちのたま」を持っての高火力先制技があるので、全抜き阻止も兼ねての採用がなくなることはありませんが、それだけでは環境トップとして活躍するのは難しそうですね。

 

ポジティブなポイントとしては、やはり初代ポケモンとして何らかの強化をもらえる可能性が十分にあるところでしょう。

初代組が優遇されているというのは周知の事実ですし、昨年はピカブイの発売もありましたから、現実的な目線からもカイリューの強化はあり得ると思います。

また、ソードシールドでは登場するポケモン数が限られているため、フェアリータイプ、さらに言えば「カプ・〇〇〇」が登場するか否かによって使用率は大きく変わるでしょう。

中でもカプ・テテフの展開するサイコフィールドは、カイリューのアイデンティティでもある「しんそく」を止めてしまうため天敵中の天敵でした。

 

総論として、カイリュー自身は火力と耐久、広い技範囲に加え優秀な先制技まで持っていますので、腐ることが少ないオールラウンダーと言えます。第8世代で他のライバルたちが弱体化を受けたこともカイリューにとって大きなチャンスになりそうです。

 

あとはヒコウZに代わる物理ひこう技の習得だけですね(笑)ブレイブバードの下位互換技として威力100命中100くらいの技を貰えれば、間違いなく第8世代環境でも活躍してくれるでしょう!

 

 

次回の記事では第2世代の600族、バンギラスを考察していきます。またそちらも見ていただければ幸いです。

 

 

ポケモン個別記事の一覧まとめページです。

ポケモン個別記事まとめ

 

 

 

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました